手掌多汗症、わきの多汗症、顔面多汗症・・・多汗症の原因と対策、治療法について

多汗症とは

多汗症には様々な症状がありますが、どの多汗症も元は同じことが原因で発症する症状と言われています。多汗症とは体内の温度に関係なく、緊張状態やストレスなどが原因で交感神経の機能が狂ってしまい、エクリン汗腺という汗が分泌される器官から大量の汗が分泌されてしまう症状です。通常、汗の発汗は辛いものや熱いものを摂取した時などに交感神経が反応して汗が分泌されるものですが、緊張状態などに追い込まれたときに冷や汗というものが分泌されることがありますよね。それも交感神経が反応して汗が分泌されるのですが、多汗症の汗の分泌は後者の冷や汗のでる状態に近いものになります。


この状態で発汗する汗の量が尋常でない場合、それは多汗症という事になるのです。多汗症は足裏や手のひら、わきなどの一般的に汗をかく部分に起きる症状です。そのため、あまり多汗症の意識がないままただの汗っかきと勘違いしてしまうケースも少なくないようです。基本的には汗っかきと多汗症には大きな違いがありますので、あまりにもたくさんの発汗が行われるようであればそれは多汗症を疑ったほうがいいかもしれませんね。このような症状が出ることを多汗症というので覚えておきましょう。

多汗症と汗っかき

一般的には多汗症と汗っかきの差はあまり意識されていないことでしょう。見た目だけではあまり違いがみられませんし、多汗症と汗っかきのどこが違うのかという事もよくわからないことでしょう。しかし、多汗症と汗っかきとではま全く大きな違いがみられるのです。通常の状態で汗をかくという事は運動した時や熱いものや辛い物を食べた時など、体温が上がることによって体温を正常に保つために汗を出すという生理現象と呼ばれている症状になります。これは、人間に限らずすべての生物に当てはまることですので特別なことではなく決して問題ではありません。この状態で過剰に汗を分泌してしまう方は多汗症と言うわけではありません。


反対に熱くもなく体温調節が必要のない状態でも大量の汗が出てしまう状態のことを多汗症といいます。この時のほとんどの状態が精神的に緊張状態にあるという事が挙げられます。ですが、多汗症の場合はたくさん汗を分泌するからといっても臭いなどは全くしないことが多いのです。これはエクリン汗腺という臭いのしない汗を分泌させつ汗腺から出ているものなので、においの心配をする必要はありません。反対に汗っかきの方の場合はアポクリン汗腺という匂いがきつい汗を分泌させる汗腺から出ているものなので、臭いに対して注意する必要があります。簡単に言うと、多汗症とは精神的な障害で発汗をしてしてしまう症状で、汗っかきとは体の体温を調節するために分泌される症状のことを言うのです。

多汗症の治療法 原因と対策エントリー