多汗症と食事の関係は。西欧化した食事の弊害はこんなところにも。

多汗症と食事の関係

多汗症の原因として最も原因のあることとされているのが、生活習慣の乱れです。その中でも特に食生活の乱れが多汗症を引き起こす大きな原因として挙げられているのです。食事というのは人間がエネルギーを体内に取り込むために行う行動です。そして取り込んだ食物は肝臓でエネルギーに変換されます。この時に体は大量の熱を発して体温を上昇させます。食後に体が少し暑くなるのはこのような働くがあるためなんです。そして体内の温度を上昇させやすいものとして動物性脂肪を含んだ肉や乳製品、油を使用した料理などが挙げられます。これらを積極的に摂取すると体の体温が上昇しやすい状態になってしまいますので、汗をかきやすくなって多汗症を引き起こしやすくなってしまうというわけです。


最近では日本の食卓も欧米化してきてしまい、街を歩けばファストフードが目立つようになりました。そのため動物性脂肪を簡単に摂取できるようになってしまったため、多汗症になる方が急増していると考えられています。もちろんこれだけが原因で多汗症が引き起こされるというわけではありませんが、多汗症の方が動物性脂肪の摂取をなるべく控えて、和食などの栄養バランスの良い食事を行った結果多汗症が改善されたというケースが多々あるのです。ですので、多汗症に悩んでいる方はまずは、食生活を見直してみる必要があるのかもしれませんね。

多汗症の原因3 食事関連エントリー

多汗症の原因1 ストレス
多汗症の原因で一番最初に挙げられるのは、ストレスです。
多汗症の原因2 遺伝
多汗症は遺伝する?
多汗症の原因3 食事
食事を改善することで、多汗症も改善できる。
多汗症の原因4 ホルモンバランス
多汗症の原因には、ホルモンも関係していた!