手掌多汗症、わきの多汗症・・・数ある多汗症の中で一番辛いといわれるのが、顔面多汗症です。

多汗症という症状自体が大変悩ましい症状で、多汗症で悩んでいる方はたくさんいることでしょう。しかし、その中でも一番辛い症状として挙げられているのが顔面多汗症と言われています。顔面多汗症は顔全体に大量の汗をかいてしまう症状ですが、その分他人に見られやすく、精神的にも苦しい症状なのです。まず、顔面多汗症で辛い事で一番に挙げられるのが、辛いものや熱いものを少し食べただけで顔から大量の汗が出てしまうということです。これらは食べた瞬間に出る症状ですが、重度の顔面多汗症の方の場合は臭いをかいだだけでも汗が出てしまうという話があります。このような症状が人前で出てしまうと尋常じゃない汗なのでよく体調が悪いの?と心配されるケースが多々あるようです。


また、日常生活以外で困るのが仕事の大事な場面や面接などの大事な場面で大量の汗をかいてしまう事です。多汗症は緊張する事でも引き起こされます。そして、人前で話をする時などに尋常じゃない汗をかいてしまい大失敗をしてしまうという事も少なくないようです。このようなことは多汗症になったことがない方からしたら大変わかりくいもので、多汗症の方は想像以上に苦しい思いをしているのです。これが顔面多汗症の辛いことになります。

辛い顔面多汗症関連エントリー

辛い顔面多汗症
顔面多汗症の辛い症状について。
顔面多汗症の対策
辛い顔面多汗症にも対策はあります。