食生活、ホルモン、そしてつぼ押し。手のひら多汗症対策のポイントです。

手掌(手のひら)多汗症の対策は、けっこうシンプル。

多汗症対策としてよく挙げられているのが、食生活の改善や女性ホルモンの分泌を多くすれば良いという事です。この対策方法は手掌多汗症にも大変効果的なことが分かっています。汗が分泌されてしまうメカニズムは基本的に体にどの部分でも同じことが言えます。ですので、なるべく動物性たんぱく質を摂取しないで、植物性たんぱく質が多い食生活を摂取する事で発汗作用を抑えることができます。また、女性ホルモンと同じ役割を果たす大豆イソフラボンを積極的に取り入れることで、発汗作用を抑えることができますので手掌多汗症に悩んでいる方はぜひ一度試して見るといいでしょう。


また、手ならではの多汗症対策方法があります。それが、つぼを押して多汗症を改善させるという方法です。つぼとは人間の体のあるエネルギーの通り道のことで、つぼを押すことによって体内の水分調整を行い手掌多汗症を改善させることができるといわれているのです。そしてつぼは足裏や手に多いことで有名ですが、ちょうど多汗症に効果的なつぼがあるのが手なのです。つぼを押して手掌多汗症を治すことは素人でも十分に可能で、中国などでは病気の治療のために頻繁に扱われています。後に具体的なつぼを押して多汗症を改善させる方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

手のひら(手掌)多汗症の対策関連エントリー

手掌(手のひら)多汗症の発症時期
手掌多汗症(手のひら多汗症)の兆候は、小さい頃に現れます。
手のひら(手掌)多汗症の対策
手のひら多汗症対策には、つぼが効く!