足裏多汗症、目立たないからといって、ほうっておくと大変です。

水虫と足裏多汗症の恐い関係。

多汗症の中でも様々な合併症を引き起こしてしまうのが足裏多汗症ですが、そして、この症状以外にも足裏の症状の中で最も困るものがあります。それが水虫です。夏場などになると大変発症しやすくなってしまうのが水虫ですが、実は足裏多汗症と水虫は大きな関係を持っていることが分かっているのです。足裏多汗症は基本的には足の裏に大量の汗をかいてしまうというだけの症状ですが、汗をかくことで足裏にはたくさんの湿気を持つことになってしまいます。そうすると湿気の大好きな白癬菌がたくさん集まってしまい、水虫を発病してしまうのです。


白癬菌は湿気の多い場所を好みますが、人間ほど湿気を持った生物はいないと考えられています。そのため人間だけが水虫になってしまうのです。そして水虫になると足裏の匂いがきつくなりますよね。そうすれば、人前で靴を脱がないといけないときに大変困ってしまいますよね。これは汗をかくときに血液中の成分にあるアンモニアや尿素などの匂いが、汗に交じって分泌してしまうためにきついにおいがしてしまうといわれています。そこで足のにおいを防ぐ方法として酢をお風呂に入れて入るという方法があります。酢酸には汗の分泌を抑える効果がありますし、殺菌効果もありますので足裏多汗症には大変効果的なのです。足裏の水虫と多汗症に悩んでいる方は酢酸を試してみてはいかがでしょうか?

足裏多汗症と水虫関連エントリー

足裏多汗症と水虫
水虫を引き起こす、恐い足裏多汗症。
足裏多汗症の対策
足裏多汗症の対策は、カンタン!